2016/09/26

160925川崎3-2横浜FM(J1 #30)

川崎3-2横浜FM(等々力)

等々力での千葉戦(天皇杯 R32)に勝利して、中2日で迎えるマリノス戦。
J1リーグでは大宮戦(J1 #29)に負け、年間2位の浦和に勝ち点2差に迫られた。

天皇杯では大幅にターンオーバーして、連続して先発するのは新井だけ。
三好、エウシーニョ、車屋が天皇杯で途中出場して今日は先発。

大宮戦と比べると、ケガでソンリョン、出場停止でネットと大久保がベンチ外。
代わりに先発するのが新井、狩野、三好。
ベンチには新たに高木、小宮山、大塚が入っている。














マリノスも天皇杯東京ヴェルディ戦から中2日。
ただ、高知での開催で、長距離の移動があった。
さたに、ターンオーバーをあまり行っていない。
2試合連続して先発するのが6人、途中出場した2人が先発している。

■1st half
川崎は田坂、谷口、エドゥアルドの3バックでスタート。
ボランチには中村と大島が入る。
マリノスのプレスは緩めで、狩野のポストプレーが効果的。
PA近くまで簡単にボールを運び、左右に振って狙っていく。

14分、小林のPA右からのクロスに狩野が合わせて先制。
サイドでボールを持って、DF中澤佑二(22)とDF栗原勇蔵(4)を手前に引き出す。
その裏に入った狩野にはDF小林祐三(13)がマークしていたが、振り切ってゴール。
崩し切ってのゴールではなかったが、あっさり決まった。

マリノスは右サイドのMFマルティノス(20)による攻撃が主体。
左サイドのMF齋藤学(11)もドリブルで田坂に向かっていく。
35分すぎからは長くボールを持つが、中央から攻撃できず、攻め手が少なかった。

■2nd half
後半、マリノスはパスコースをしっかり切ってボールを奪う。
しかし、奪った後の攻撃のパターンが少ない。
徐々に中盤が間延びして前線へのサポートが遅くなり、齋藤のドリブル頼みとなる。
ただ、2人に挟まれても齋藤は軽々とドリブルで切り裂いていく。

川崎の最終ラインがマリノスのプレスを抜けると、中盤はぽっかり空いている。
縦に流れる三好と小林を使いながら、攻撃を仕掛けていく。

49分のCKで谷口と接触して負傷した新井が、66分にまた倒れ込む。
J1リーグ初出場となる高木に交代したのが69分。
2回倒れ込んだため、時計を止めた時間が長くなる。

何度も決定機を作っていくが、ようやく84分。
左MFにポジションを移した田坂から、三好にスルーパスが通る。
三好はしっかりループでゴールを決めた。

2点差となって、あとは試合を終えるだけだったが、ロスタイムは9分。
90+4分に中村のシュートがポストを叩くと、マリノスの反撃を浴びる。
90+6分にゴール前の混戦から押し込まれ、90+8分にもパスミスから失点して追い付かれる。

残り時間がない中、90+10分、右からCKが左に流れたところを田坂が拾ってクロス。
これを小林が頭で叩きこみ、ギリギリで勝利を得た。

■summary
大宮戦に続き、最後に失速してしまった。
退場者がいたわけでもなく、3バックの右に小宮山を投入していた。
にもかかわらず、食い止めることができなかった。

最後は奇跡的に勝ち点3を拾ったが、2-0で終えるべきゲーム。
コンディションの厳しさを抱えるマリノスに、2点を失った。

ただ、ネットと大久保の欠場の影響はあまりなかった。
代役の三好と狩野が活躍し、層の厚さは十分に感じられる。
ネットはそれでも欠かせないが、大久保はすぐに復帰させなくてもいいかもしれない。

マリノスは、天皇杯に注力したため、仕方がない敗戦。
エリク・モンバエルツ監督は、思い切った選手起用をしてくる。
ナビスコカップでの対戦(YNC GL #1)でも、大きなターンオーバーを行ってドロー。
それでも最終的には予選リーグを突破している。

年間3位以上が確定し、チャンピオンシップへの出場が決まった。
2位の浦和は、広島に勝利している。
苦しい状況が続くが、勝ち点を積んでいくしかない。

■goal
14狩野健太(25) 84三好康児(26) 90+10小林悠(11) 
90+6中町公祐(8) 90+8伊藤翔(16)

■judge
新井章太(30) 6.0 今シーズンJ1初先発。プレー機会は少なかった。谷口との接触で負傷し、途中交代。 
田坂祐介(6) 7.0 前線に移動してから2つのアシストを決める。1対1の守備では苦戦した。 
エドゥアルド(23) 6.0 きちっと中央を締める。相手に詰められる前に安全にパスを出した。
谷口彰悟(5) 6.0 左サイドからの攻撃をカバーする。ロスタイムにはもっとチームをまとめたい。
大島僚太(10) 6.5 パスミスはほとんどなかったが、PA近くでの積極性が足りなかった。
中村憲剛(14) 6.5 中心となってパスを動かす。最後は守備に戻らず。90+4分のシュートは決めておきたい。
エウシーニョ(18) 6.5 右サイドで高いキープ力を示す。深くサイドをえぐってのクロスも効いていた。
車屋紳太郎(20) 6.0 20分にシュート、33分にFKを獲得するなど前半は攻めたが、後半は守勢に回った。
狩野健太(25) 6.5 素晴らしい先制ゴール。久しぶりの出場だったがポストプレーもトラップも良かった。
三好康児(26) 6.0 縦への突破でチャンスに絡む。2点目のゴールを落ち着いて決めたが、2失点目の原因となる。
小林悠(11) 6.5 大久保不在を感じさせない1ゴール1アシスト。惜しいシュートも多かった。

■sub
69(30)高木駿(29) 6.0 J1リーグ初出場。リスタートも良くシュートも止めたが、2失点を浴びる。
82(25)小宮山尊信(8) 5.5 守備固めで入ったが防ぎきれなかった。今シーズンJ1初出場。
90+9(26)森本貴幸(9) 5.5 同点となってから投入されるが、プレー時間はほとんどなかった。

■bench
奈良竜樹(3) 板倉滉(28) 森谷賢太郎(19) 大塚翔平(27)

■coach
風間八宏 6.0 ギリギリで勝利を導いた。ただ、3枚目の交代の遅さは相変わらず。

■referee
家本政明 5.5 不可解な判定が散見されたが、ゲームを壊さなかった。後半ロスタイム9分は妥当。

2016/09/24

160922川崎4-1千葉(天皇杯 R32)

川崎4-1千葉(等々力)

天皇杯3回戦はJ2ジェフユナイテッド千葉との対戦。
代表ウィークに開催された2回戦とは異なり、週中の木曜日開催。
J1リーグ大宮戦(J1 #29)から中4日、次の横浜Fマリノス戦(J1 #30)は中2日となる。

大宮戦では大久保が退場して、ネットが累積警告を貯めた。
この2名は次のマリノス戦に出場できず、この試合に登場。
残りの大宮戦の先発9名は、7名がベンチ外、エウシーニョと車屋はベンチ。

GKは新井、最終ラインは右から長谷川、奈良、板倉、小宮山。
ネット、原川、森谷、橋本が中盤を構成して、2トップに大久保と森本。
長く負傷離脱していた奈良と小宮山の復帰戦。
オリンピックから戻ってベンチ外が続いた原川も出場機会を得た。













千葉はJ2リーグで10位。
プレーオフ圏内に入る可能性はまだ残されている。
このため、川崎と同じように大きなターンオーバーを行ってきた。
昨シーズン、川崎に所属したFW船山貴之(11)は先発出場する。
長谷部茂利監督も半年の在籍だったけど、川崎OB。

■1st half
千葉は前線からプレスを仕掛けてくる。
川崎はプレスをかいくぐると押し込んでボールを握った。
ネットが別格の存在感で中盤を支配し、対となるボランチは交代制。
最初は原川だったがミスが多く、橋本、森谷が状況の応じてボランチに入った。

20分、ボールを奪ったネットから森本にパスが通り、そのままシュート。
PA外、遠距離からのシュートは、GK岡本昌弘(1)のニアサイドを抜いて決まった。

千葉の攻撃は散発のカウンターが主体。
41分には原川のバックパスを拾った船山の決定機など、シュートチャンスは多かった。

■2nd half
後半開始から、千葉が攻勢を仕掛ける。
CK、FKが続き、川崎は押し込まれて波状攻撃を浴びる。

51分にはMF井出遥也(8)のニアへのクロスを船山がワンタッチで決める。
昨シーズン、シュートをすべて外した姿からは考えられない。
松本山雅時代のような自信溢れる華麗なゴールだった。

同点となって、川崎は61分に三好、67分にエウシーニョを投入。
この2人が前線で働き、70分すぎから動きが鈍くなってきた千葉を押し込む。

すると81分には千葉も2枚の交代カードを切る。
今度は逆に千葉に押し込まれ、ロスタイムには2回連続してビッグチャンス。
新井と奈良を中心に、失点しないで切り抜けた。

■extra time
延長に入ると、両チームともに中盤が間延び。
ゴール前からゴール前へとボールが動く。

川崎は押し込むが崩せない。
千葉はカウンターからシュートを放つ。
94分、スルーパスに抜け出した船山のシュートを新井が辛うじて防いだ。

96分、長谷川が太ももを痛め、車屋が入ると試合が動く。
小宮山が背後に控えるため守備の負担が少なく、車屋は左サイドから自由に攻撃する。
対面するDF北爪健吾(4)は何度も上下動を繰り返していたため、守り切れない。

105分、右サイドを深くえぐったエウシーニョからやわらかいクロス。
GKと大久保の頭上を越えてファーに届き、車屋が頭でループシュートを決めた。

延長後半になると千葉は足が止まってしまう。
108分にはネットからのロングボールに抜け出した大久保がゴール。

続いて115分、小宮山とのパス交換で左サイドを独走した車屋から強いクロス。
三好のシュートのこぼれ球を大久保が押し込んで、3点差となった。

■summary
千葉はよいゲームを展開した。
前からの守備でボールを奪い、カウンターから何度もゴールに迫った。
船山は1ゴールを決めたが、41分、94分と決定機を新井に止められた。
112分にはMF町田也真人(14)がポストに当てるなど、勝機は十分にあった。

しかし、最後の交代枠を117分まで切らなかった。
1点差で中盤にフレッシュな選手を入れていれば、もっと粘れたものと思われる。
3点差となるまで動かなかった長谷部茂利監督の采配に疑問が残る。

川崎はネットがゲームを作った。
原川のパスミスが目立ち、千葉のカウンターを浴びたが、最終ラインが持ちこたえた。

90分で仕留めることはできなかったが、延長で突き放した。
その原動力となったのは三好、エウシーニョ、そして車屋。
サブ組だけの時間帯で崩せなかったのは少し残念。
ただ、長いケガから復帰した奈良と小宮山が120分プレーできた。

J1リーグでは年間首位に立つものの、負けが多くなっている。
週中開催の天皇杯に力を注ぐ状況ではなかったが、勝利することができた。

次の天皇杯は、11月9日もしくは12日。
J1リーグの最終節が終わり、チャンピオンシップの前に開催される。
このタイミングで公式戦に出場できることとなり、負けなくてよかった。

■goal
20森本貴幸(9) 105車屋紳太郎(20) 108,115大久保嘉人(13)
51船山貴之(11)

■judge
新井章太(30) 7.0 41分、94分、116分に決定的なシュートを止める。キャッチが少ないので、波状攻撃を浴びた。
長谷川竜也(16) 6.0 右SBでの出場。大きく開いてボールを呼ぶ。守備は淡白で粘れなかった。
奈良竜樹(3) 6.5 判断の早さで周囲をカバーして防ぐ。ケガ明けでも対人に強かった。
板倉滉(28) 6.5 カウンターに対処しながらパスワークの中心となる。84分に井出に抜かれた以外はミスがなかった。
小宮山尊信(8) 5.5 復帰戦で動きは少なく鈍かった。ポジション取りは良く、最後は車屋を走らせた。
原川力(15) 5.0 積極的な姿勢は悪くはないが、ミスパスが多く、危険なカウンターの起因となった。
エドゥアルド・ネット(21) 7.5 ボランチの相方が何度も変わったが、攻守に渡って試合を支配した。
森谷賢太郎(19) 5.5 チャンスに絡めていたが、決定的な仕事はできなかった。パスを受ける回数も少なかった。
橋本晃司(7) 6.0 ボランチでボールをつないだ。FKでもチャンスを作る。3分のシュートは右に外した。
森本貴幸(9) 6.0 ワントップに入って最終ラインと駆け引き。20分にミドルシュートを決める。
大久保嘉人(13) 6.5 消えている時間が長かったが、延長では試合を決める2ゴールを決めた。

■sub
61(7)三好康児(26) 6.5 ゴールはなかったが、前線で動き回ってドリブルで牽引した。
67(9)エウシーニョ(18) 6.5 中央に入ってキープ力でタメを作る。106分のシュートはGKにキャッチされる。
96(16)車屋紳太郎(20) 7.5 決勝ゴール。4点目も含め、左サイドから何度もチャンスを作り出した。

■bench
高木駿(29) デューク・カルロス(32) 狩野健太(25) 大塚翔平(27)

■coach
風間八宏 7.0 最大限のターンオーバーを行いながら、結果を導き出した。

■referee
西村雄一 6.5 的確なジャッジ。79分に大久保の異議にイエロー。試合を落ち着かせた。

■おまけ



試合終了後に千葉サポーターに挨拶に行く、大塚、森本、高木。

2016/09/18

160917大宮3-2川崎(J1 #29)

大宮3-2川崎(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

J1リーグも残り6節となり、年間順位2位の浦和とは勝ち点5差。
福岡戦(J1 #28)に勝利して、アウェイでの大宮戦。

Nack5スタジアム大宮ではなく、年1回開催される熊谷。
アクセスは熊谷駅からの臨時バス、駐車場も2時間前には満車。
ヴィジョンは1つ静止画のみで、ピッチが広い陸上競技場。
条件のいいNack5スタジアムと比べると、観客にとって厳しいスタジアム。



先発は福岡戦とまったく同じ。
サブから武岡が外れ、奈良が入った。
奈良は5月の神戸戦(J1 #12)で左脛骨骨折して以来の復帰となる。

昇格組の大宮は、ここまで年間7位。
前節でJ1リーグ残留を決め、年間上位が狙える位置。
1stステージでの対戦は、最終節にホームで勝っている(J1 #17)。

■1st half
川崎は3バックで田坂を右CBに置く。
福岡戦と同じシステムで、ボランチだけでなく田坂からもパスが出る。
そのため、大宮は前線からのボールチェイスが難しい。
後方と連動した守備がなかなかできず、川崎のボランチには余裕があった。
ショートパスをつないでチャンスを伺い、ボールを保持する時間が長くなる。
15分過ぎからは大宮を自陣に押し込んでいく。

大宮は斜めのパスとクロスで打開しようとした。
しかし、FWムルジャ(8)の動きが鈍く、パスミスが相次ぐ。

36分、川崎が押していたゲームが崩れてしまう。
大久保がMF横谷繁(17)に頭突きしてレッドカード。
横谷はいつもの大久保のように、自力で派手に倒れて見せた。
この倒れ方を見ていれば、注意にとどめるべきところかとも思う。
だが、頭突きしたことは事実なので、レッドカードは当然。

数的不利になって、44分、ネットが詰められてボールを失う。
前掛かりになっている守備陣の間にムルジャがスルーパス。
抜け出したFW家長昭博(41)をソンリョンが倒してPK。
PKを家長がそのまま決めて、先制を許した。

■2nd half
1人多くなった大宮は、ボランチがボールを持てるようになる。
ピッチを左右に広く、フリーの選手を使って組み立てていく。
前半よりも多くチャンスを作り出す。

川崎は守備に奔走しながらも、ショートカウンターを狙う。
ボールを奪うとすぐにゴールに向かっていく。
63分に中村がゴラッソを決め、81分には小林が逆転ゴールを決める。

残り10分。
守り切ろうとラインを下げて大宮の攻撃を待ち受ける。
しかし、1人少ない分を走ってカバーしてきた川崎の疲労は濃かった。
シュートブロックなどの最後の一歩が遅くなる。
84分に家長、89分にはMF江坂任(7)に決められて逆転を許した。

■summary
大久保の退場で決まってしまった試合。
それまでは、川崎が仕掛けながらも大宮もよく耐え、見応えがあった。
しかし、数的不利となって内容も結果も台無しになってしまった。

後半、2点を奪ったのは素晴らしかった。
守備のリスクを抱えながらも、果敢に攻めてゴールを奪った。
ただ、リードを奪ってから、残り時間を耐える策がなかった。
疲弊したボランチの交代がなく、最終ラインがカバーする範囲が広くなる。
谷口が右サイドに吊り出され、薄くなった中央を突かれてしまった。

この敗戦で、年間2位の浦和に勝ち点2差に詰め寄られた。
2ndステージでは、首位から陥落して3位に。
8月以降に内容が悪くなり、接戦を勝ちきれない。
今後の対戦相手も強豪が続く。

次は中4日で天皇杯3回戦千葉戦。
その次には中2日でJ1リーグ横浜FM戦(J1 #30)がやってくる。
J1リーグに集中して、勝ち点を拾い続けていきたい。

■goal
44,84家長昭博(41) 89江坂任(7)
63中村憲剛(14) 81小林悠(11)

■judge
チョン・ソンリョン(1) 5.5 3失点はしたが、多くの決定機を防ぐ。キックミスが散見。
田坂祐介(6) 5.5 攻守ともにそつなくこなしていたが、戦術的な交代となった。
エドゥアルド(23) 5.5 後半は守備に専念。ギリギリの攻防を繰り広げていた。
谷口彰悟(5) 5.0 右サイドを広くカバーしたが、3失点目は大宮の圧力に冷静さを失った。
大島僚太(10) 5.5 トラップで相手をかわす技術は良かったが、チャンスにつなげらなかった。
エドゥアルド・ネット(21) 5.0 縦パスが狙われた。イエローをもらって次節出場停止。
エウシーニョ(18) 5.5 前線で動き回った。カウンターでは積極的に前に走った。
車屋紳太郎(20) 5.5 サイドからのクロスは不発。DF奥井諒(19)に守り切られる。
小林悠(11) 6.5 2トップではチャンスに多く絡む。1トップとなって孤立しながらも、逆転ゴール。
中村憲剛(14) 6.0 ゴラッソで同点とする。最後の苦しい時間にはチームを鼓舞したい。
大久保嘉人(13) 3.5 報復行為でレッドカード。ひとりでゲームを壊してしまう。

■sub
61(6)三好康児(26) 5.0 62分、エウシーニョからの完璧なクロスを吹かす。家長の2点目をオンサイドに。
71(18)森谷健太郎(19) 5.0 攻撃は良かったが、MF泉澤仁(39)を止められずに右サイドを崩された。
90(19)森本貴幸(9) 5.5 攻め込まれる時間帯で投入される。見せ場はなかった。

■bench
新井章太(30) 奈良竜樹(3) 板倉滉(28) 橋本晃司(7) 

■coach
風間八宏 5.5 1人少なくても逆転したが、足が止まった守備陣の交代策が打てなかった。

■judge
扇谷健司 4.5 ゲームの流れをコントロールできず、荒れた試合を作ってしまった。

2016/09/11

160910川崎3-1福岡(J1 #28)

川崎3-1福岡(等々力)

代表ウィークによる中断を挟んで2週間ぶりのJ1リーグ。
前節柏戦(J1 #27)で大敗を喫したが、2位浦和も負けて勝ち点差は5のまま。
フル代表の小林、大島、U19代表の三好、韓国代表のソンリョンがそれぞれの代表から復帰。

前週は天皇杯2回戦(天皇杯 R64)。
J3ブラウブリッツ秋田に代表組が不在の中、逆転で勝った。

天皇杯秋田戦の先発から、5人が外れる。
新井、武岡、森谷はベンチに、大塚、中野はベンチ外となった。
代わりに代表帰りのソンリョン、大島、小林と、エドゥアルド、田坂が先発する。
ベンチからは高木、長谷川、デューク・カルロスが外れ、橋本、三好が入る。

柏戦と先発を比べると、森谷とケガの井川が外れ、エドゥアルド、田坂が入っている。


福岡とは今シーズン3試合目。
ナビスコカップで負け(YNC GL #2)、J1リーグではドロー(J1 #16)。
YNCグループリーグ敗退、1stステージの優勝を逸した大きな原因となった。

ここまで福岡はJ1リーグで年間18位。
この2週間でルヴァンカップ準々決勝2試合、天皇杯1試合を戦った。
いずれも敗退したが、水曜日の天皇杯で延長120分プレーして、中2日の試合。

■1st half
川崎は田坂が右CBに入る3バックでスタート。
さすがに田坂にはぎこちなさも見えたが、ワンタッチパスで右サイドからリズムを作った。

福岡は自陣深くに引いてブロックを作る。
5バック4ボランチで、1トップにはFW金森健志(7)。
ボールホルダーにプレスを掛けず、ゴール前で待ち構える。
金森の位置がハーフラインよりもかなりゴール寄りになるほどだった。

川崎はボールを長くフリーで持てる。
両サイドにはスペースが少なく、中央からの攻撃が主体。
ネット、大島、中村だけでなく、田坂からも縦パスが入る多彩な攻撃。
パスの出し手が多く、福岡が間合いを詰めても簡単にかわした。

大きなチャンスはCKから生まれる。
15分、谷口が中村の左CKをヘッドで斜めにシュート。
強い弾道はGKイ・ボムヨン(23)の正面だった。
29分にはまったく同じ形で、谷口が中村の左CKをヘッド。
今度は緩やかにボールが弧を描き、GKの頭上を越えてゴールに収まった。

福岡は攻撃の形をほとんど作れず。
守りに守ってなんとか1失点で済ませることができた。

■2nd half
後半開始すぐの47分。
車屋のショートパスを中村がPA内からシュート。
至近距離のシュートをGKがストップし、転がったボールをMFダニルソン(6)がキープする。
ダニルソンはGKにキャッチさせるべくブロックしたが、背後から中村にボールを突かれる。
ボールはそのままGKの股も抜いてゴールに転がった。

ゴールのすぐ近くでのプレーで、ダニルソンにクリアする時間は十分にあった。
判断ミスを見逃さない泥臭いゴールが生まれ、攻撃の手段がほとんどない福岡にとってゲームは終わった。

55分に決定機を外した大久保が、60分に3点目。
中村にボールを預けて、小林からの足元へのパスに走り込んでダイレクトでゴールを決めた。

3点差となって、川崎はテストを開始する。
機能していた3バックから、4バックに移行。
右CBの田坂を左ウィングに配置転換するが、このテストは裏目となる。

74分にFWウェリントン(17)が投入され、福岡は最終ラインにプレッシングをかける。
エドゥアルドが球離れが遅いところを狙われて、奪われてチャンスを作られる。

85分にはFW平井将生(14)がミドルを決めて2点差。
ロスタイムにもウェリントンがヘディングするが、ソンリョンがセーブした。

■summary
福岡は前半、守備的なプレーに終始した。
プレッシングを仕掛けたいが、天皇杯から中2日。
試合間隔が詰まっていたため、走れなかった。

最終ラインは下がりっぱなしで、耐えるだけ。
セットプレーからの1失点だけで前半を終えることができたのは、内容を考えれば上出来。
後半、なんとか1点を奪えばドローで勝ち点を得ることができる状況だった。
しかし、ダニルソンの安易なプレーですぐに2点目を失うと、試合は決まった。

川崎は中央から攻撃を続けて3点を奪った。
プレスがほとんどなかったので、余裕を持ってボールを動かした。
3バックに入った田坂は、長短のパスで右サイドを活性化した。
ハイボールの処理に懸念はあったが、谷口とエドゥアルドがきちっとカバーした。
福岡が田坂のサイドを狙って放り込んでくれば、違った展開があったかもしれない。

3バックから4バックに移行すると守備が停滞。
ロングボールへの対応は、3バックの方が安心できる。
今後の対戦相手は、川崎対策でロングボールを多用してくることも考えられる。
相手の攻撃の芽を3バックでしっかり摘んでから、圧倒的に攻撃を仕掛けたい。

■goal
29谷口彰悟(5) 47中村憲剛(14) 60大久保嘉人(13) 
85平井将生(14)

■judge
チョン・ソンリョン(1) 6.5 73分にDF亀川諒史(18)、90+4分にウェリントンのシュートをセーブ。終盤忙しくなる。
田坂祐介(6) 6.5 CBで対人に強い守備を見せ、新たなパスの起点となる。最後は左ウィングに。
エドゥアルド(23) 6.0 高く強い守備は鉄壁だったが、プレスを受けて何度もボールを失う。ボールを持ちすぎ。
谷口彰悟(5) 6.5 ハイボールを処理。CKから2本の決定的なシュートを放ち、2本目でゴールを決める。
大島僚太(10) 6.0 代表遠征帰りで疲れも見えたが、フリーで受け早いパスを繰り出す。中央から攻め続けた。
エドゥアルド・ネット(21) 6.0 小さなモーションで縦パスを狙う。14分に小林へスルーパスを通す。
エウシーニョ(18) 6.0 亀川に少し抑えられた。45分に右から決定的なクロス。46分にミドル。
車屋紳太郎(20) 6.0 機会は少ないが左サイドから仕掛けてチャンスを作る。47分に中村へラストパス。
小林悠(11) 6.0 最前線でボールを受けてトラップでDFを抜き去った。ゴールは決まらなかった。
中村憲剛(14) 7.0 美しいスルーパスだけでなく、47分、相手のミスを抜け目なく突いてゴール。勝利に必要不可欠なプレー。
大久保嘉人(13) 6.5 1ゴールの結果は少ないほど、フリーでシュートチャンスを多く迎える。

■sub
82(6)森谷賢太郎(19) 5.5 左ウィングで出場。カウンターからチャンスを狙ったが、成功しなかった。
86(11)武岡優斗(17) 6.0 4バックの右SBに入る。ミスパスもあったが、福岡の左サイドの攻撃を抑える。
90+1(10)森本貴幸(9) 5.5 90+3分、森谷からラストパスを引き出したが、DFにカットされた。

■bench
新井章太(30) 板倉滉(28) 橋本晃司(7) 三好康児(26)

■coach
風間八宏 6.0 4バックのテストで福岡にチャンスを与える。3点差となってからの選手交代が遅い。

■referee
廣瀬格 6.0 少し川崎寄りのファウル判定があったが、ストレスの少ないジャッジ。

■おまけ

川崎ものづくりフェアin等々力の一環で、ハーフタイムに山本昌が登場。
通算219勝のピッチャーが、フロンターレのユニフォーム姿で登場した。
ラジコンでも有名だが、この日はスタート直後、あえなくリタイアした。

2016/09/04

160903川崎3-1秋田(天皇杯 R64)

川崎3-1秋田(等々力)

今年も天皇杯は2回戦からの出場。
J3ブラウブリッツ秋田との対戦。
代表ウィークでJ1リーグの試合が2週間空いた土曜日開催。
久しぶりのカップ戦用ユニフォーム。

フル代表に小林と大島、U19代表に三好、韓国代表にソンリョンが招集されて不在。
大敗した柏戦(J1 #27)の先発から、ケガの井川も含めて4人が外れる。
代わりに新井、武岡、大塚、中野が出場する。
大塚は鳥栖戦(J1 #25)以来、3週間ぶりの出場。

サブには新たに高木、板倉、森本が入った。
森本は左膝外側半月板損傷による長期離脱から復帰。
出場すれば、4月2日の鹿島戦(J1 #5)以来となる。

秋田はJ3リーグで6位。
天皇杯1回戦はヴァンラーレ八戸に勝利している。
ベンチ入りは5人のみ。2人の枠を残している。

GK松本拓也(21)は、2011年に川崎に在籍していた。
試合出場はなかったが、GK陣に故障が相次ぐ中、湘南から期限付きで来てくれた。

■1st half
秋田は前線から強くプレスを仕掛けてくる。
川崎のボランチはもちろん、最終ラインがボールを持っていても詰めてくる。
それも1人だけでなく、連携して全員で追いかけてきた。
特に武岡がターゲットとなり、次のパスを狙われて奪われた。

秋田の攻撃には迫力はあまりなかったが、28分。
ネットの縦パスが奪われ、ショートカウンターを浴びる。
FW呉大陸(9)が潰れたところから、FW前山恭平(7)がミドル。
ゴールまでかなり距離はあったが、左隅にきれいに決まった。

川崎はボランチからのパスが前につながらない。
大塚が下りてきてパスを受けるが、前を向けない。
中野と森谷はボールロストを繰り返した。
それだけ秋田がハードに走り、コンパクトな陣形を保っていた。

■2nd half
後半開始から、中野を下げてエドゥアルドを投入する。
最初は4バックだったが、50分ごろにピンチが続き、危ないシュートを打たれる。
新井が中心となって、ゴールは許さなかったが、3バックへ移行。
武岡、エドゥアルド、谷口を最終ラインに並べる。

秋田は前半のようなプレスを続けることができなくなる。
なんとかコンパクトさを保っていたが、川崎のボールホルダーに余裕を与える。

67分、CKからの流れで車屋が左サイドをえぐり、マイナスのクロス。
エドゥアルドがインサイドで蹴り込んで同点となる。

70分、76分と決定機を外した大久保が、77分にようやくゴール。
車屋が中央に流れて、空いた左サイドに入り込んだ森谷がアシスト。

82分には再び車屋が左サイドからクロス。
田坂が豪快に蹴り込んで、試合を決めた。

■summary
秋田は前半、素晴らしい内容で川崎を圧倒した。
90分走り続けることはできず、後半3失点を喫した。
後半開始のチャンスで追加点を奪うことができれば、勝利できたと思われる。
もしくは、ゴール前を固めて1点を守り切る戦術も選択できた。
しかし、勇敢に堂々と川崎に立ち向かった。
賞賛に値する素晴らしいプレーだった。

川崎は代表組を除けば現時点のフルメンバー。
前半は、秋田のプレスに後手を踏んだ。
武岡のパスの精度が低く、森谷と中野はパスをつなげなかった。
後半、疲れの見えた秋田を突き放して、森本を起用することができた。

天皇杯の3回戦は、J2ジェフユナイテッド千葉との対戦。
ただ、J1リーグの試合に挟まれた木曜日の開催。
主力を疲弊させて、J1リーグで勝ち点を失うわけにはいかない。
秋田戦とは異なり、ターンオーバーが必要となる。

■goal
67エドゥアルド(23) 77大久保嘉人(13) 82田坂祐介(6)
28前山恭平(7)

■summary
新井章太(30) 6.0 ほとんど仕事はなかった。49分のMF青島拓馬(20)のミドル、51分の前山のループを防ぐ。
エウシーニョ(18) 5.5 守りは不安定。63分のミドルはDF浦島貴大(32)にゴールラインでブロックされる。
武岡優斗(17) 5.5 パスを狙われる。67分、車屋へスルーパスを通す。足首を痛めるが最後までプレー。
谷口彰悟(5) 6.0 ハイボールを危なげなく処理。もっと最終ラインでボールをさばきたい。
車屋紳太郎(20) 7.5 復帰2戦目で勝利を導く2アシスト。左サイドから正確なクロスを数多く供給した。
中村憲剛(14) 5.5 19分、中野にパスを通して決定機を作る。ミスパスが多くカウンターを浴びた。
エドゥアルド・ネット(21) 5.5 縦に向かうパスをカットされた。51分、PA近くでボールをロスト。
森谷賢太郎(19) 6.0 前半はパスをつなげず。左サイドに移ってから車屋と組んで活躍する。
大塚翔平(27) 5.5 前後に動いてボランチからパスを受けるが、前を向けなかった。
中野嘉大(22) 4.5 プレッシャーがなくてもミスが目立った。19分、中村のパスからGKと1対1となるがトラップが流れる。
大久保嘉人(13) 6.5 決定的なチャンスを多く迎える。シュートを外していたが、77分に決勝ゴール。

■sub
46(22)エドゥアルド(23) 6.5 最終ラインに安定をもたらし、同点ゴールを落ち着いて決めた。
58(27)田坂祐介(6) 6.5 気が効いたポジショニングで攻撃を牽引する。70分のヘディングシュートは浮く。1ゴール。
90+1(13)森本貴幸(9) 5.5 時間が短く、プレー機会はほとんどなかった。

■bench
高木駿(29) 板倉滉(28) 長谷川竜也(16) デューク・カルロス(32)

■coach
風間八宏 6.5 左サイドの停滞を選手交代で払拭して逆転勝利。森本はもっと早く入れたかった。

■referee
柿沼亨 5.5 ファウルの判定は抑制的。後半、大久保が倒れるたびにファウルを取った。

■おまけ


試合終了後、秋田のゴール裏に「この絆を胸にいつか必ずここに戻ってきます!!」との横断幕。
天皇杯のカテゴリー違いのゲームの醍醐味といえる。
しかし、秋田にジャイアント・キリングされそうになったのも事実。

秋田の次の関東での試合開催は、9月19日(月)、味の素スタジアムでのFC東京U23戦。
松本拓也によれば、秋田のゴール裏に川崎のユニフォームで入ってもいいそうです。

2016/08/28

160827川崎2-5柏(J1 #27)

川崎2-5柏(等々力)

浦和戦(J1 #26)に勝って、年間では勝ち点5差の首位。
2ndステージでも勝ち点で並び、得失点差で首位に立った。
鳥栖戦(J1 #25)に負け、浦和に詰められた差を元に戻した。

鳥栖戦と浦和戦を欠場した車屋が復帰。
そのため、浦和戦で採用した3バックからいつもの4バックに。
そして浦和戦で決勝ゴールを決めた森谷が左ウィングに入る。
大島は、週中に練習を休んでいたが先発する。
武岡と中野がベンチスタートとなった。

ベンチには鳥栖戦で退場となり、浦和戦は出場停止の三好が復帰。
板倉と柏からのレンタル中で、契約上出場できないエドゥアルドが外れた。
2種登録のデューク・カルロスは2試合連続のベンチ入り。

柏はここまで年間6位。2ndシーズンでは7位。
今シーズンは2回、いずれも日立台で対戦している。
ヤマザキナビスコカップでは負け(YNC GL #4)、J1リーグで勝っている(J1 #11)。

■1st half
4分、柏がいきなり先制。
FWクリスティアーノ(37)の右CKを中央のFWディエゴ・オリヴェイラ(11)がヘッド。
ネットがマークしていたはずだが、完全にフリーにしてしまった。

続いて5分。
エウシーニョが自陣PA内でプレスを受けてボールを失う。
マイナスのクロスを再びオリヴェイラが決める。
安易なミスが続いて、いきなり2点差となった。

川崎は雨のピッチに苦しみ、パスがつながらない。
17分にエウシーニョのクロスを森谷がゴールするが、状況は同じ。
柏はしっかり自陣に引いて、FWがパスコースを切る。
縦パスを狙って、高い位置からショートカウンターを仕掛けてきた。

29分にはクリスティアーノのFK。
川崎の守備陣はゴール前に一列に並ぶ。
しかし、GKとの間に入れられたボールに走り込む柏の選手に追い付けない。
フリーのオリヴェイラのヘッドはバーが防ぐが、こぼれ球を蹴り込まれる。

32分には1失点目とまったく同じ流れ。
クリスティアーノのCK、そしてオリヴェイラのヘッド。
ネットが簡単に外されていて、4失点目を喫した。

川崎は30分あたりから3バックに移行。
井川が中央で、右が谷口、左に車屋。
これでカウンターには対応できるようになったが、セットプレーの守備は改善できず。
ロスタイムに井川が足を痛め、武岡が投入された。

■2nd half
柏は点差を考えてゲームをコントロール。
無理してボールを狙う必要がなくなり、バランスを重視する。
局面での勝敗にはこだわらず、コンパクトな陣形を保つことを優先する。
ボールを奪っても、カウンター主体で人数はかけてこない。

川崎はプレスが緩んだため、パスは回るようになる。
3バックにした守備も安定。
55分には森谷に代えて中野を投入。
中に入りがちだった森谷と違い、中野はワイドに張ったため、左サイドは活発に。

77分にはネットに代えて三好を投入。
再三のセットプレーで失点に関与したネットの交代は妥当。
しかし、ボランチの守備に目をつぶった結果は裏目となった。
85分、カウンターからMF中川寛斗(19)に決められてしまう。

■summary
川崎のセットプレーの守備が拙く、柏が決めきったゲーム。
カウンターへの対処も課題が多かった。
特に、左サイドのクリスティアーノをエウシーニョが止められなかった。
YNCでの対戦でも、谷口がミスパスを繰り返して失点した。
エウシーニョのミスによる2点目を含め、ミスから4点も与えては勝ち目はない。

追いかける展開となったが、攻撃は2得点。
決定機も作れていて、ゴールは2つにとどまったが、大きな問題はない。
ただ、いつもよりも低い位置でのパスミスが多く、守備の負担が高くなった。

鳥栖戦に続いて、2ndステージで2敗目を喫した。
8月は2勝2敗。失速してしまった。
浦和が神戸に負けてくれたため、首位のまま。
今シーズンの躍進を支えてきたのは粘り強い守備。
この試合ではまったくいいところがなかった。
ただ、セットプレーの守備という課題は明確。

9月は代表ウィークがあるため、J1リーグ3試合と天皇杯2試合のみ。
J1リーグは残り7試合。
今日の内容では、2位に勝ち点5差は心もとない。
コンディションをうまくキープして、勝ち点を積み上げたい。

■goal
17森谷賢太郎(19) 82三好康児(26)
4,5,32ディエゴ・オリヴェイラ(11) 29茨田陽生(8) 85中川寛斗(19)

■judge
チョン・ソンリョン(1) 5.0 決定機を防いだが、点差が開いてからは淡白なプレーも見られた。
エウシーニョ(18) 4.0 判断ミスで2点目を生む。クリスティアーノにやられ放題。アシストは素晴らしい。
井川祐輔(4) 5.0 浮足立った守備陣をコーチングで落ち着かせたかった。ケガで交代。
谷口彰悟(5) 5.0 カウンター対応でボールに意識が向き過ぎ。3点目、5点目はなんとかしたい。
車屋紳太郎(20) 5.5 MF伊東純也(14)に押し込まれて攻撃参加できず。ケガからの復帰戦。
大島僚太(10) 5.0 パススピードも動き出しも遅かった。無理せずコンディションを整えてほしい。
エドゥアルド・ネット(21) 3.0 何度もセットプレーでマークを外して大量得点を与える。プレーは悪くはなかった。
森谷賢太郎(19) 4.5 2試合連続ゴール。しかしパスミスでリズムを崩す。タイミングが周囲と合っていない。
小林悠(11) 5.5 狭いスペースの中でもチャンスに多く絡む。シュートは狙いすぎ。枠に飛ばなかった。
中村憲剛(14) 5.0 パスの中継点となったが精度を少し欠いた。守備でももっと頑張りたい。
大久保嘉人(13) 5.0 決定機もあったが決められず。50分、中盤でのパスミスでカウンターを招く。

■sub
45+3(4)武岡優斗(17) 5.5 3バックの右に入る。点差は開いていたが、クリスティアーノを自由にさせなかった。
55(19)中野嘉大(22) 5.5 ワイドでボールを呼び込みチャンスを作る。ただ、囲まれるとボールロストが多かった。
77(21)三好康児(26) 6.0 等々力での初ゴール。90+4分のミドルはGK中村航輔(23)に止められる。

■bench
新井章太(30) 田坂祐介(6) 長谷川竜也(16) デューク・カルロス(32)

■coach
風間八宏 5.5 セットプレーの守備を修正できず。選手交代は効果的だったが5点取るのは難しい。

■referee
村上伸次 6.5 流すべきは流し、取るべきは取った。良いジャッジ。2人の副審のオフサイドの基準がずれていた。

2016/08/22

160820浦和1-2川崎(J1 #26)

浦和1-2川崎(埼玉スタジアム)

鳥栖戦(J1 #25)に敗れ、続けてのアウェイは浦和戦。
J1リーグでの敗戦は、ホーム浦和戦(J1 #8)まで遡ることとなる。

車屋は鳥栖戦に続いて欠場。
登里や小宮山も離脱していて、左SBをこなせる人材がいない。

左SBの不足を解決するために、3バックを採用。
急遽鳥栖戦で左SBに入った武岡は、3バックの右CBに入った。
今シーズン初めて先発する中野が左CBの谷口と左サイドを構成する。

リオ・デ・ジャネイロで予選リーグで敗退して戻ってきた大島が先発復帰。
帰国のための長い移動とインフルエンザ罹患があったが、ボランチでネットと組む。
中村が1列前に上がって、小林と大久保の3人の前線。

鳥栖戦と比べ、新たに大島と中野が先発して、長谷川はベンチへ、橋本はベンチ外となった。
ベンチからは大塚と出場停止の三好が外れ、田坂と森谷が入る。
さらに先週2種登録を済ませたばかりのデューク・カルロスもベンチ入りを果たした。

浦和は年間では勝ち点2差の2位、2ndステージは1位。
直近のJ1リーグで10戦負けなしと好調を維持。
オリンピック代表から興梠と遠藤が戻ってきたが、いずれもベンチスタート。

■1st half
浦和は2分、いきなりMF高木俊幸(13)が決定機を迎えるが、シュートを外す。
高い位置からのプレスで川崎のボールホルダーを追い込む。
DF森脇良太(46)とMF駒井善成(18)を軸に、右サイドから崩してきた。
この2人には中野が対応していたが、サポートが少なく荷が重かった。

川崎はボールを持つと愚直に中央から崩していく。
ボランチ2人と中村が三角形を作り、ボールを運ぶ。
車屋が欠場したこと、浦和が5バック気味に守ることから、サイドからの展開は少ない。

15分、小林が戻したボールをフリーの中村が蹴り込む。
GK西川周作(1)の逆を突き、狭いニアサイドを抜いて先制する。

浦和は失点後も攻撃を続ける。
27分、森脇のクロスがソンリョンと武岡の間に入り、こぼれ球をFW李忠成(20)が蹴り込む。
武岡は李に軽く押されて倒れてしまい、クリアできなかった。

■2nd half
後半開始直後の47分、MF武藤雄樹(9)のシュートをソンリョンがキャッチ。
至近距離から放たれた強いシュートだったが、難なく止めた。

浦和は54分にはスルーパスで打開し、MF宇賀神友弥(3)に決定機。
ソンリョンがゴールを空けていたが、シュートは浮いた。

川崎は前線3枚がむやみにボールを追いかけすぎない。
しっかり守って、攻撃は引き続き中央から。
中村が浦和の2ボランチのポジションを動かして、最終ラインとの距離を広げていく。

74分、大島がドリブルで3人を抜き去ってPA手前まで侵入。
6対4と数的有利を作り出して、エウシーニョの右からのクロスを森谷がゴール。
中野と71分に交代したばかりの森谷は、ゴール前に入るコースとタイミングが完璧だった。
浦和は戻りが遅く、マークできない選手を作ってしまった。

追いつくために浦和はDF槙野智章(5)を上げて攻める。
森脇も交代してしまったため、逆に川崎のカウンターが面白いように決まる。
82分の中村のシュートは西川がスーパーセーブ。
83分の大久保のゴールはハンドの判定。
追加点は奪えなかったが、低い位置でパスを交換して前を狙い、じっくりと時間を使っていく。

武藤が88分に決定機を外して、試合は終わった。

■summary
川崎が年間首位、2ndステージは勝ち点3差の2位。
浦和が年間で勝ち点2差の2位、2ndステージ首位。
前節鳥栖に川崎が敗れたことで、勝ち点差も狭まってこの試合を迎えた。

1stステージの対戦はミスの少ない攻防だった。
しかし、この試合はクオリティは下がった。
川崎にも浦和にもミスパスがあったが、それでもレベルの高いゲームだった。

浦和は5度の決定機(2分、27分、47分、54分、88分)を作り出した。
ダイレクトパスやスルーパスで川崎の守備のギャップを突く。
しかし、ゴールは1つだけ。
ソンリョンが立ちはだかり、シュートも枠に飛ばなかった。

川崎は中央からの攻撃で、きれいなゴールを2つ決めた。
ボランチを動かし、ショートパスのためのスペースをバイタルに作る。
後半リードしてから多くの決定機を迎えたが、決めきれなかったのは課題。

結果は妥当。ただ、ドローでもおかしくはなかった。
緊迫感があり、見るべき価値のある攻防だった。

次に浦和と対戦したら、勝てるかどうかは分からない。
チャンピオンシップで可能性がある。今から楽しみ。

■goal
27李忠成(20)
15中村憲剛(14) 74森谷賢太郎(19)

■judge
チョン・ソンリョン(1) 7.0 47分の武藤の決定機を間一髪で止める。勝ち点3を呼び込む。
武岡優斗(17) 6.0 右のCBで落ち着いたプレー。失点シーンでは李に押されて倒れた。
井川祐輔(4) 6.0 前半はラインを上げられず。後半は改善。足をつって途中交代。
谷口彰悟(5) 6.5 カバーに奔走しながら中央を固める。サイドの中野へのフォローは足りなかった。
大島僚太(10) 6.5 74分の3人抜きのドリブルは圧巻。病み上がりで動きは少なかった。
エドゥアルド・ネット(21) 7.0 中央でバランス良くスペースを埋める。大島を力強くサポート。
エウシーニョ(18) 6.0 左サイドで劣勢になりながらギリギリで守る。完璧なクロスで決勝アシスト。
中野嘉大(22) 5.5 1対1のドリブルで2度抜かれる。守備の負荷が高く、自らのドリブルは活きなかった。
小林悠(11) 6.5 素早いトラップとシュートで高い技術を見せる。フリーの中村を見つけてアシスト。
中村憲剛(14) 6.5 1点目はゴラッソ。82分のシュートは逆に西川が素晴らしかった。パスミスも散見。
大久保嘉人(13) 6.0 ファウルをもらってポイントを作る。83分のゴールは、ハンドの判定。


■sub
71(22)森谷賢太郎(19) 6.5 投入直後に決勝ゴール。左サイドの局面を優位に持ち込む。
78(4)エドゥアルド(23) 6.5 積極的にボールホルダーとの間合いを詰める。試合を落ち着かせる。

■bench
新井章太(30) 板倉滉(28) 田坂祐介(6) 長谷川竜也(16) デューク・カルロス(32)

■coach
風間八宏 7.0 車屋の不在を埋める解を3バックに見出した。ロスタイムに交代カードを切りたい。

■referee
西村雄一 6.5 適正なジャッジでビッグゲームをうまくコントロール。